amazonギフト券に学ぶ通貨の概念

amazonギフト券というのはおそらくはその名の通りギフト用の券、
つまり贈り物として喜ばれる商品券・金券の類として考案されたのではないかと思います。

ですが、実際にそのような用途として使われる例と言うのは私の周囲を見渡してみる限りは正直レアケースのような気がします。
例えばポイントサイトのポイント変換先がamazonギフト券である事はよくある事ですし、私も実際によくそうしています。
またネットを検索してみると、amazonギフト券に関する売買情報が大量にヒットする事でしょう。
ある特定の店でしか使えない商品券としては常軌を逸した扱いがなされていると言っても過言ではありません。
全国共通のどんな商品券、例えば図書券と比べても非常に珍重されています。

この間の規約改正で一回の買い物で2000円以上現金の支払いがないと
350円の配送料が取られるようになってamazonの代名詞の一つであったと言える完全無料配送が終了、そしてその2000円にはギフト券は含まれないとなるまではamazonギフト券はamazonでの買い物に直接関わらないところでさえ本当に様々に使われて来たのです。

そう、まるで電子マネーのように。
いやそれさえ通り越して、通貨に準ずるものと言っても過言ではありません。

なぜこういう事になっているかと言うと、amazonという超大型ネットショップがありとあらゆる膨大な商品を網羅する、信頼がありすぎるものだからです。

そもそも商品券や電子マネーというのは、客を囲い込むという目的があります。
地元商店街の商品券であれ電子マネーであれ加盟店でしか使えない、図書券なんかであれば日本全国OKだけど本屋のみ&ネットでは使えないのです。

つまり最終的な用途は特定の土地やそこで扱う商品の種類などに限られるわけですね。

この点についてamazonギフト券について見てみると、
・ネットショップなので場所に縛られず
・扱う商品の種類が凄まじく豊富すぎて実質上用途に縛りがなく
・amazonという企業が巨大すぎて世界各国から殴られても揺るがないほどに信頼があるという、一般的な商品券や電子マネーとは一線を画した存在である事がわかるでしょう。

特に「交換できる商品の豊富さ」と「発行者の信頼」のコンボがヤバイです。
この2つこそがつまり「通貨としての価値」なわけですから。

まあ流石に通貨として便利すぎてヤバイとamazon経営陣が悟ったからからこそギフト券のみの買い物では配送料が上乗せされる仕様になったのかもしれませんけどね。

それでもなおネットでは相変わらずamazonギフト券が便利に使われていますけど。

アマゾンギフト券買取現金化口コミ比較サイト【2016年最新版】高額・即日換金可能な業者ランキング!悪徳業者に注意!
アマゾンギフト券買取現金化口コミ比較【2016】高額・即日査定