amazonギフト券の活用方法とメリット

プレゼントや何かのイベントの際に良く使われるのが金券というお金ではないが、その金券に書かれた店舗や会社でお買い物をする際にお金をとして扱える物がありますね。
プレゼントする際に菓子折りや他人の好みの物がわからない場合に、金券ギフト券をプレゼント代わりにする方も少なくありません。
そんな金券ですが、最近知名度を上げてきたのがamazonギフト券です。
なぜ最近になりamazonギフト券がピックアップされているのでしょうか?

昔例えば高島屋や伊勢丹といったデパート系のギフト券の発行しかなく、JCBギフトカード等のJCB,VISAのクレジットカード利用が出来る店舗に使用できるため、ギフト券のメリットはあまりありませんでした。
最もギフト券を使用した所でお釣りが来ない、ギフト券の割引がない等のデメリットも多い印象もあります。
しかし、amazonギフト券ではそういったギフト券の概念を変える様な取り組みを行う事で、使いやすいギフト券となりました。
まずamazonギフト券は購入する店舗によってはギフト券の金額以下で購入出来てしまうという所です。
ギフト券は5000円券なら5000円払って手に入れるが通常なのですが、稀にamazonギフト券はセールが行われる場合があり、5000円分のギフト券を購入する時に4500円で購入出来た、なんて事も十分あり得るでしょう。
またamazonプレイムデーといった大セールの甲斐もあってamazon自体の市場が大きいのと通販形式のみを採用しているので、直接足を運ぶ必要もなくいつでもどこでもamazonギフト券で買い物ができる利点があります。
amazonギフト券ではよりプレゼント、結婚祝いや入学祝いなどに活用できるようにただ購入するだけではなく、Eメールタイプやラッピングタイプ、おしゃれなボックスにギフト券を入れてプレゼントといった様々なサービスから選択できるので、気軽さからしっかりとしたプレゼントにまで活用しやすくなっています。
ボックスタイプに至っては、ギフト券を購入する際にしか手に入らない洒落たボックスがあったり、ギフト券メインじゃなくてボックスメインじゃないの?といった豪華なボックスも用意されていて、送る側ももらう側も嬉しいサービスを受ける事が出来ますね。
その他、自分が用意した写真のデータを使用してギフト券を購入する際にオリジナルのギフト券を作成出来たり、チャージタイプやマルチタイプといった活用に合わせて様々なギフト券の選択ができますね。
ただ一つだけデメリットを挙げるとするなら、amazonでしか使えないという所ですが対して気にならない事でしょう